Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

養生日記

ある情報をネットで見かけてから、ネガティブな思考にとらわれていた。

軽はずみな過ちが、大人になってからの長い人生に影響を及ぼすという事実を、息子がどう受け止めるか。息子の行く末を案じて、ぐずぐずとネガティブの沼に沈み込んでいた。

***

今朝、ヨガをしている間も、真っ先にそのことが頭に浮かんだ。

浮かんでくるネガティブな思考を流すように意識しながら、からだの感覚に集中するうちに、思考が浮かんでこなくなった。そして、ヨガの後の瞑想をしているときに、気付きが浮かんできた。

浮かんできたのは、お子さんを亡くした親御さんの思いだった。

「生きていてくれさえすればいい」

今、息子は、彼なりに試行錯誤しながら、真摯に生きている。家族がひとつになって、息子の将来を案じている。そのすべてが、どれほど恵まれていて、ありがたいことか...... 

全身にあたたかいものが流れて、ネガティブなものが私の中からすべて消えた。