Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

養生日記

特にこれといった変化がなく、悩みごとや心配ごともなく、淡々とした日々。

***

先日書いた<運命というレールと通過する駅の話>を息子にしたら、「オレが本当にやりたいと思っていることができるのは某業界なんだけど、なぜか『某企業に行くのが最短ルートだよ』と運命から言われているような気がするんだよな」と言っていた。

息子が生まれてから、息子は私のレールに沿って私と一緒に走ってきたけれど、息子が進むべきレールの分岐がそろそろ近づいていることが、実感としてわかる。

だから、たまらなくさびしい。けど、本人(息子)は、さびしくなんてないだろう。新たなレールを走っていけることが、うれしくて楽しくて仕方ないはずだ。私自身、親から離れる時が、そうだったように。

***

息子は、私の予想とはまったく異なる人間に育った。例えば、あさがおの種を蒔いたはずなのに、ひまわりが咲いたようなものだ。あるいは、にんじんの種を蒔いたはずなのに、引き抜いたらじゃがいもが出てきた、とか。

この人はあさがおじゃない(または、にんじんじゃない)と気づいたのは、息子が20歳のころだった。そのころには、その人が元々持っているものが、誰にでもはっきりとわかる形で表に出てくるんだろう。

少し前に、父に「息子がこんな人間に育つとは想像もできなかった」という話をしたら、父は「おまえもそうやねんで。俺とママからプロの翻訳者が生まれてくるなんて、だれが想像できる? ほんまに信じられへんのやから」と言っていた。

***

山のカーディガンを購入。山以外でもすごく便利に使えるので何にでも合う色を。

f:id:trans_blue01:20180407170411j:plain

www.goldwin.co.jp

 

持っている山用の帽子が派手なので地味なものを新調。

f:id:trans_blue01:20180407165248j:plain

www.patagonia.jp

 

ライラック色のベースレイヤーも逃さずゲット。

f:id:trans_blue01:20180407165300j:plain

www.patagonia.jp