Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

養生日記

鍼灸院へ。

年末あたりからずっと左側の胸鎖乳突筋がゴリゴリに張っていたんだけど、その張りが見事に取れていた。養生生活の効果がこんなところに表れてきてうれしい。

胸鎖乳突筋(耳の後ろから鎖骨にかけて首の側方にある筋肉)が張っていると、頭部の血のめぐりが悪くなる。うつ病、花粉症、メニエール病の患者さんで、この筋肉が張っている人が多いとのこと。

***

胸鎖乳突筋の張りを取るために、自分でできることを何かやってみたいと思う方には、この方法が簡単でおすすめ。胸鎖乳突筋だけでなく肩まわりにも効きます。私は毎日湯船でしっかりからだを温めてからやっています。

***

一方で、年末から少しずつ悪化してきている肘の痛み。

普段はまったく痛くないのだが、特定の動作(ザックのショルダーストラップに腕を通す時のような動作)をすると、肘の内部に針が突き刺さるような痛みが走る。

先生いわく、左手の中指と薬指の酷使が原因だろうとのこと。要するにキーボードの叩き過ぎ。同業者の方に多い腱鞘炎と同類の職業病か。これまで筋腱由来の痛みは何度も経験しているけれど、それらとは質が違う。肘の中に針が入っている、という表現がしっくり来る。

更年期障害の症状のひとつに「関節痛」があるけれど、この肘痛はそれだろうか。