Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

女性の50歳

 

私の母は、52歳の時に突然大病を患いました。

痛みがあまりにも激しくモルヒネ注射の追加をせがむ母。担当医に「母が注射を打ってほしいと言っている」と伝えると「お母さんは今日が峠なんですよ!これ以上打てば命の保証ができません!」と叱られた時のことを、今でも思い出します。

母は3ヵ月の入院と6時間の手術によってその病気を克服し、74歳の今もそこそこ元気で(健康状態に波はあるけれども)生きています。

***

母は、若い頃からある臓器に慢性疾患を持っていました。52歳の大病は、その慢性疾患が急激に悪化したものでした。

女性の50歳前後(更年期)は、元々あったからだの弱い部分が急に弱る時期といえるかもしれません。けれど、女性の平均寿命は87歳です。誰もがきっとその「急に弱る時期」を乗り越えて更に30年、40年と生きるのです。

私にもこの先どんな病気が現れてくるかわかりませんが、きっと乗り越えて87歳までしぶとく、そこそこ元気に生きていきたいと思います。