Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

古いホコリに要注意

先日、トイレの換気扇を掃除しました。

カバーの掃除は定期的にしていたのですが、その奥のシロッコファンは「見て見ぬふり」をしていました。最近、換気扇からキーンと耳に響く音がし始めたので、見て見ぬふりできなくなりました。

カバーを外してシロッコファンを見ると、案の定大量のホコリが。ファンごと取り外したかったのですが、ネジが5か所ほどあり、配線も外さなければならない様子。面倒なので、取り外さずに掃除機でホコリを吸う作戦。歯ブラシでホコリを掻き出しながら掃除機で吸いました。

その際、暗がりで(照明をつけると換気扇が回ってしまうため)作業していたのでよく見えなかったのですが、掃除機で吸いきれなかったホコリがかなり舞っていたようです。作業中、私が使わない芳香剤の匂いがしていたので、前の住人の頃からの古いホコリです。ホコリが付着した顔がかゆくなり、のどがイガイガしました。

その掃除から1週間後。全身がだるくなり、のどのリンパ節が腫れ、あちこちの神経と関節が痛みました。古いホコリにウイルスか何かが紛れ込んでいたのかもしれません。麻黄附子細辛湯を2日間服用して、症状が収まりました。そういえば、ホコリからの肺炎(清掃業者)の症例を文献で読んだことがありました。

古いホコリを掃除する時は、マスクと頬かむり(できれば目出し帽)をおすすめします。