Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

習慣化

ここしばらくの<時間の使い方>を反省して、新たな時刻表を作りました(私は時間の使い方がうまくないので、よく時刻表を作ります)。今週は、新たに作った時刻表に合わせて生活しています。時間に追われているようで少々しんどさを感じますが(すなわち、時刻表を使わない生活にはゆるみがあるということ)これが習慣化するまでしばらく頑張ってみようと思っています。

8月下旬に行った仙丈ヶ岳の登山で体力・筋力不足を痛感してモチベーションが高まったということと、涼しくなって活動しやすくなったということもありますが、時刻表にちゃんと時間を確保したので、毎朝のウォーキングが復活しました(この夏は週に1回ぐらいしかできていなかった)。

また、頭の中に余計な思考がわいてくることもほとんどなくなりました。要するに、ゆるんでいる時間に余計な思考がわいてくる、あるいは余計な思考にとらわれている間に非生産的な時間が進んでしまう、ということなのです。

また、1日に30分だけですが、薬剤師としての知識をあらためて積み直すための勉強時間も確保しました。

***

このように<新たに始めようと決めたこと>を習慣化するコツは

・できない日があってもいい

・できない期間があっても、できる時が来たら再開すればいい

・同時にいくつか決めたことのうち、一つでもできたら良しとする

という、ゆるゆるルールを決めておくことです。

できなかった、続かなかった、また失敗した、などと自分を責める(いじめる)から、習慣化する前にやめてしまうのです。<新たに始めようと決めたこと>は、今までできていなかったこと、すなわちその人にとって苦手なことなので、どうせ何度も失敗するに決まっています。だから、あらかじめ、ゆるゆるルールを決めておくのです。