Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

作り置きから取り置きへ

結局、作り置きはフェードアウトしました...。

やっぱり、料理は作りたてがいちばんおいしいと思う(漬物を除く)。煮物は翌日がおいしいけれど、翌々日は味が落ちます。色がくすみ、風味も落ちてきたと感じる料理を食卓に並べるのは、私には少々きつかった。作り置きの代表であるおせち料理も、本当においしいと思えるのは二日までだと思います。

作り置きはフェードアウトしましたが、取り置き(作った料理を翌日の朝昼分に取り置く)は毎日の習慣になりました。翌日の朝昼に食べるなら、刺身以外はたいてい大丈夫だし、色も味もそんなに落ちません。朝昼に「何を食べよう...」と考えることがなくなり、栄養のバランスも良くなりました。

料理を少し多めに作り、盛り付けるときに人数分の器とともに取り置き用の器を並べ、ふたをして冷蔵庫に入れる、という手間だけなので、ズボラな私でも続いています。作りたてのおいしい料理を食べたい(食べさせたい)欲よりも、台所に立つことの億劫さが増したら、作り置きを再開すると思います。