Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

ベッド下のスペース

昔、ベッド下のスペースを活用するという目的で、ベッド下に引き出しのあるベッドを使っていました。その引き出しには季節外れのシーツなどを収納していたのですが、いざ使う季節になって出してみると、湿気をたっぷりと吸ってじっとりと重くなっていました…。ベッド下は就寝中にかいた汗の逃げ場になるため、引き出しの中は湿度がかなり高くなってしまうようです。

それでも、やっぱりベッド下のスペースを使わないのはもったいない…。ということで、わが家ではこの収納袋を使って使わない羽毛布団や毛布などをベッド下に収納しています。

image

ストレージスタイル 羽毛布団 収納ケース


空気を抜くタイプの圧縮袋に羽毛布団を収納すると、ダウンが潰れてダメになると言われていますが、この収納袋は布団を完全にペシャンコにせず、適度に圧縮してくれます。通気性の良い素材でできているので、中に湿気がこもることはありません。長期間置いていると、さすがに若干のほこりをかぶってしまうのですが、内部にほこりが入ることはありません。

先日、両親が来た時に使った羽毛布団をこの収納袋に入れていたのですが、取り出した時に湿気を感じることはなく、2回天日に干したらふわふわに復元しました。「暑い」というので急遽出した綿毛布も、まったく湿気ていませんでした。

寝具に限らず、季節外れの衣類でも何でも収納できると思います。ちなみに私はほこりの目立たないベージュ色を使っています。おすすめです。