Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

センス良く服を着こなすには

50年近く生きて毎年たくさんの服を買って失敗を重ねてきた私がたどり着いた結論です。

1. 自分と好みが似ている「師匠」を見つける

自分が普段もっともよく服を買っているメーカーの服を上手に着こなしている師匠を探します。Instagramで 「#(メーカー)」と検索すれば、すぐに見つかるでしょう。

ただし、実際に店舗に行って試着できるメーカーでないといけません。ネットの写真と寸法データだけで買うのは失敗の元です。

2. 師匠の着こなしを真似る

たいていの師匠は、着こなした写真とともに商品名も書いてくれているので、その商品名をメモに書き写し、店舗へGO。実際に試着して自分に合うサイズの商品を買い求めます。

試着してみたけど自分には色や雰囲気が合わないなと思ったら、買わないこと。「合わない」と思ったものは着ていても満足度が低いので、そのうち着なくなってタンスのこやしになります。

着る際には、師匠の着こなし(特にボタンのかけ方、裾の処理、小物の使い方など)を忠実に真似てみます。その後、自分の体型に合うように調整します。

***

ちなみに、私はすでに「センス良く服を着こなしたい」という欲から解脱しており、今は「心地よく且つ最小限に」を目指しています。

「心地よい」という感覚も、どこまでが「最小限」かも、あくまでも私個人の判断なので、とても楽しいですよ。