Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

大学受験にかかった費用

事例

・高2修了まで私立高校の進学クラスに在籍

・高2修了時点で卒業に必要な単位を取得済み

・高2修了時点で退学

・予備校の高卒クラスに入塾

・1科目受験で高認取得

・私立大学に合格して入学

予備校にかかった費用=約880,000円

入塾時(前期授業料)  450,000円

6月(夏期講習)          32,920円 ※2講座のみ

7月(後期授業料)     275,000円

交通費(年間)           44,400円

昼食代                       78,900円

・予備校は専門学校扱いになるため、定期券を購入できます。

・通学している予備校で主催する模試は無料で受けられます。

・昼食代は、お弁当を持たせたら節約できます。

高認受験にかかった費用=約8,000円

受験料                        4,500円 ※1科目の受験料

合格証明書(10通)     2,955円

・受験料は受験科目数によって変わります。

・願書1通につき合格証明書が1通必要なので多めに申請しておきます。

参考書・問題集・学用品の購入費=約100,000円

・当初は国立大を受験する予定だったので、参考書や問題集を5教科分購入しました。最初から私立大をターゲットにしていたら節約できたと思います。

入学試験にかかった費用=約250,000円

センター試験            18,800円

センター利用(3校) 46,900円

私立一般試験(5校)172,196円

交通費                      10,000円

入学金と前期納入金=約800,000円

入学金                    260,000円

前期納入金              543,300円

・受験スケジュールを組む際には、入学手続きの締切日もチェックする必要があります。本命の合格発表までにすべり止めの入学手続き締切日がある場合、二重に入学金を支払うことになります。

大学入学前にかかった費用=約130,000円

スーツ一式・靴        63,000円

眼鏡                        36,690円

進学報告の帰省        35,000円

合計 約217万円

・下宿生の場合は、入学試験時の交通費+宿泊費、下宿先の敷礼金+家具+日用品の購入などでプラス100万以上になります。

・高校を退学せず予備校と併用した場合は、プラス50万ぐらいになります。