Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

子供が社会人になったら

息子が社会人になったら、家賃・光熱費・食費に相当するお金を息子からもらうつもりです。

息子からのお金がほしいということではありません。「子供」として扱ってきた息子を「大人」として扱うということです。相手が親であっても『大人は互いに助け合い、支え合う』という当たり前の認識を、息子に身に付けてほしいと思っています。

お金だけでなく、いろいろな場面で息子に助けてもらい、支えてもらうようにしていきたいと思っています。親から「頼れる大人」として扱われることは、子供にとって誇らしく、喜びでもあります。

どっかりとすべての体重をあずけるような頼り方は『助け合い、支え合う』に反しています。適度なバランスで、ギブ・アンド・テイクで。