Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

加味逍遥散と桂枝茯苓丸

更年期障害に対して加味逍遥散を飲み始めてみましたが、どうしても胃がむかついて飲み続けるのが苦になったので、桂枝茯苓丸に切り替えました。

加味逍遥散では、飲み始めてまもなく「気が晴れる」効果を感じましたが、桂枝茯苓丸では「血が巡る」効果を感じています。

体調がすぐれなくなってからは、お湯の温度を上げて長めに湯船に浸かっても、からだの芯から温まる感じが一向に得られず、お湯から上がっても皮膚に赤みがさすこともありませんでした。

それが、桂枝茯苓丸を飲み始めてすぐ、お風呂上がりにぽかぽかした感じがあり、鏡を見ると、ちゃんと皮膚に赤みがさしていました。この文章を打っている今も、指先がぽかぽかしています。胃のむかつきもなく、桂枝茯苓丸の成分は私の胃に合うようです。

***

加味逍遥散が16包も残ってしまいました。本当にもったいないです・・・。からだに合う合わないの見きわめに使えるような、6包入りのミニパックも売り出してほしいです。