Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

料理でお客さまをもてなすときのヒント

見栄を張らず、気張りすぎない

準備に手間とお金をかけすぎると、次にお招きするのが嫌になるし、こちらの気張りがお客さまに伝わって気遣わせてしまいます。お客さまがワインを持参されるのなら、お客さまが持参されるであろうワインよりも、格下を用意しておきます。

料理は何度か試作をして火の通りや味加減を調節する

レシピ通りに料理を作ったのに想像していた味や見た目にならなかったということが往々にしてあります。また、レシピで使われている食材が、その季節には手に入りにくいということもあります。何度か試作をして、レシピを自分流に改良しておきます。

部屋の掃除や片付けは1週間前から計画的に

掃除や片付けを一気にやると大変なので、計画を立てて少しずつやっておきます。当日は玄関・トイレ・洗面所の掃除だけで済むようにします。花を飾る場合、夏は花がいたみやすいので、前日に用意するようにします。   

食器やテーブルリネンの色は部屋のカーテンや家具の色と合わせる

色合わせのセンスに自信のない人(=私)は、普段から部屋の色を白、ベージュ、茶、黒で統一しておくとラクですよ。食器やテーブルリネンの色も、同様に白、ベージュ、茶、黒で統一すると、それなりに見えます。

当日はお客さまと食事とおしゃべりを楽しめるように調理や片付けは済ませておく

キッチンでドタバタ、ガチャガチャしている様子が伝わると、お客さまに気遣わせてしまうので、調理は前日と当日朝に済ませ、到着前に片付けも済ませます。焼き物はオーブンにまかせると、おしゃべりに熱中して忘れてしまっても、焦がして大失敗ということになりません。

おしぼりには柑橘系の香りを

レモンやオレンジなどの柑橘系のハーブオイルを洗面器の水にたらし、その水でおしぼりを作ります。食物が原料のハーブオイルの香りなら、食事中に香っても気になりません。

ル・クルーゼのワインクーラーが便利

普段はワインをほとんど飲まないわが家。ワインクーラーは、とっくの昔に処分してしまいました。収納スペースをとるし、どうしたものかと迷っていたら、良い物を見つけました。ル・クルーゼのアイスクーラースリーブです。テーブルのアクセント(差し色)になるので、赤を選びました。時間が長くなる場合は、2つあるといいです(交互に冷凍室で冷やす)。