Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

ヨガのすすめ

私は朝のヨガとウォーキングを習慣にしています。

ウォーキングについては、以前から積極的に布教活動をしてきましたが(笑)、ヨガも本当によいので、興味を持った方は、ぜひ日常生活に取り入れてみてほしいと思います。

ヨガは、深い腹式呼吸、全身のストレッチ、体幹トレーニング、瞑想を組み合わせた一連の体操です。こころにもからだにも有効な、理想的な体操だと思います。

深い腹式呼吸で肺に酸素をたっぷり取り込みながら、全身の筋肉をのばしつつ、適度に負荷をかけることで、全身の血流が良くなり、全身に酸素が供給されます。

私は、DVDやYoutubeなどで見て覚えたアサナを、自己流に組み合わせて30分ぐらいかけてやっています。30分でも、今の季節だとマットにポタポタしたたるほど汗が出ます。手短にやるときは、最初の呼吸法、太陽礼拝、最後の瞑想だけやっています。

以下は私がヨガを覚えるのに使ったDVDです。

はじめての楽しいヨガ4週間プログラム

はじめての楽しいヨガ4週間プログラム

ヨガ・ベーシックス

ヨガ・ベーシックス

ヨガは、自分の呼吸の深さや長さに合わせてからだを動かすことと、からだの各部の状態に意識を向けることがとても大事なので、最初はDVDなどで動き(アサナ)を覚える必要がありますが、覚えたあとは自分のリズムでやる方が効果的だと思います。

***

ヨガをしたことがない人が、ヨガを始める前に用意しなければならないものは、ヨガマットです。ヨガマットを使わないと、床に着いた手や足がすべって危ないのと、たぶん膝を傷めます。

ヨガマットはピンきりなのですが、家でしかやらない方やとりあえず始めてみる方は、2000円前後の厚さ6ミリのマットでよいと思います。通常のマットは長さが170センチちょいなので、身長が180センチ以上ある方は、長めのマットを買った方がより快適だと思います。当たり前ですが、筋トレをするときにも使えます。

Amazonベーシック ヨガマット ブラック 6mm

Amazonベーシック ヨガマット ブラック 6mm

服装は膝の曲げ伸ばしや腕の上げ下げが自由にできる服。

上は伸びの良いTシャツ 、下はスウェットやショートパンツでOKです。靴下をはくとすべって危ないので、足元ははだしです。

ヨガに必要な空間は、縦2メートル、横2メートル、高さ2メートル強です。ヨガマットを敷くことができる広さの床と、立って腕を上と横に伸ばして物にぶつからない空間ということです。

ヨガのBGMツールとして最近重宝しているのが無印のアプリ(MUJI to Relax)です。

鳥の声や波の音など、自然の音を流すのも気持ちいいのですが、スマホのカメラとフラッシュを利用して心拍数を測定し、心拍数と時間帯に合わせて流してくれるBGMが、とてもヨガに合うのです。

ヨガは極めるととても奥が深いのですが、私は今のところ極める気はありません(笑)。気軽に家でできる体操として続けていきたいと思っています。