Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

完璧を求めない

ミニマリズムは、とても大まかに言うと、所有物を最小限にする、という考え方です。

私がよく読ませてもらっているブログのミニマリストの中には、品質、素材、使い勝手すべての点において満足できる物を厳選して所有することに、ミニマリズムの意義を感じている人がいます。断捨離も、それに近い考え方だと思います。

私も、満足できる物を厳選して所有することが正しいことだと思い、満足できる物を追い求める旅を始めました。

が、気が付きました。これは底なし沼だと・・・_| ̄|○

どんな物にも長所と短所があり、物は日進月歩で進化しています。すべての面で満足できる物なんて、ありえないのです。何を買っても不満な点はあり、改良された新製品に目が移り、永遠に買い物と処分を繰り返すことになります。

まるで、白馬の王子さまを求めて出会いと別れを繰り返す人のように。

結婚生活やパートナーとの関係がうまくいっている人はわかると思いますが、お相手は決して完璧じゃないですよね。長所も短所も持っている。短所を挙げればきりがない。けれど、お互いにほどほどに満たされているから、うまくいっているのですよね。

物との付き合い方も、きっと同じです。

所有物を最小限にする本当のコツは、完璧を追い求めず、ほどほどで満たされることです。究極は、物に対して満足も不満も意識しなくなることなのですが、とりあえず、「ほどほどでいい」を、心がけようと思います。


追記:

新たな物を増やさない、すでに持っている物でほどほどに満たされるためのコツ、追加します。自戒を込めて。

新製品をむやみにチェックしないこと。

かくいう私は、無印のネットストアで「新製品」を週に何度も巡回しています。メーカーの思う壺にまんまとはまってます。この習慣やめたい。


センスの良い商品選びをする人が発信する情報をあまりじっくり見ないこと。

センスが良いので、どうしても真似したくなっちゃいます。真似しても、その人と自分は違う人間なので、その人には適していても、自分には適していないということが、しばしばあります。そういう人の情報は、さらっと見るだけにしておく。