Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

風邪の効用

風邪をひいています。高い熱が出ず、軽い咳が続く程度の風邪です。先週末、家族旅行に出かけたのですが、旅行前から息子が風邪をひいていて、その風邪をもらいました。

1月には、息子からインフルエンザをもらいました。もう、息子から病気をもらわないようにしないと・・・と考えていて、ふと思い当たりました。私は、病気だけでなく、息子が抱えている悩みや苦しみ、これからの人生で遭遇する苦労までも、私が引き受けようという思考回路を持っているのではないかと・・・。

息子が幼かったころ、息子に大変つらい経験をさせてしまいました。そのことを、私は今でも悔いているし、責任も重く感じています。そのことと息子のこれからの人生とは、けっして無関係ではありませんが、だからといって、私が息子のこれからの人生の面倒をみるのはいけません。

頭ではそう理解していても、無意識下ではまだ息子の手を離していないのです。私がなんとかしてやらねば、あるいは、私ならなんとかしてやれる、そう思い続けているのです。この考え方、私の父と、とても良く似ています。

このような考えを持つ親と、自尊心の低い子供の組み合わせは、共依存を成立させてしまいます。

「いざというとき、うちの親は頼りにならんから」と、子供から見下されているぐらいが、ちょうどいいのです。

これからは、頼りにならない、不甲斐ない親を目指します(苦笑)。この風邪のおかげで、大切なことに気付かせてもらいました。