Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

乾く

この冬は例年に増して乾きを感じています。眼、鼻腔、性器など潤っているはずのところが乾いて痛みや不快感を生じています。

乾きの強さは日によって異なります。部屋の湿度は毎日ほぼ一定に(50~60%)保っているのに、やけに乾きを強く感じる日もあります。私の場合、からだの疲労感が強かった日の翌日は、乾きを強く感じるようです。

乾きの原因は、冬の乾燥した空気・・・だけではありません。私の場合は、女性ホルモンの変動(更年期)が主な原因のようです。診断を受けていませんが、シェーグレン症候群(中年女性に多い)の可能性も、なきにしもあらず、です。

今日は乾きが強く、朝から両眼がシバシバして痛く、右の鼻腔の奥が水が入ったときのようにツーンと痛む(左は無症状)。歯や眉間のあたりまで痛みます。前に書いた花粉症予防のサングラスをかけ、濡れたハンカチを挟んだマスクをかけていますが、痛みと不快感はなかなか収まってくれません。

性器の乾きは、冬になる前から感じていました。乾いてパリパリになった唇に似て、乾いた性器はしみやすい(石鹸とか)。詳細は避けますが、痛いのでできません。更年期であちこちに乾きの症状が出てくるとは、想像していませんでした。

人生は想定外のことばっかりです。