Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

10年という時間

前のブログにも書きましたが、私には「10年で願いが叶う」という人生のルールがあるようなのです。10年のあいだ常に強く願い続けるというのではなく、ある時点から願ったことをほぼ忘れている(=執着がなくなっている)、というのがミソです。ある日、「あ、あの願いが、今、叶ったんだ」と気付きます。

このお正月に、オヤッさんが「人生で遭遇するいろいろな問題は、ほとんどの場合、時間が解決するということが、この歳になってわかってきた」と言いました。私が「その時間って、だいたいどのぐらい?」と聞くと、「10年」と答えました。示し合わせたわけではないのに、なぜか同じように「10年」という数字が導き出されました。

人生における10年という時間には、何か特別な力があるようです。人生の残り時間がまだたくさんある方は、このことを頭のすみっこに置いておくと、いつか役に立つかもしれません。