Life-ism

生活者が発信しています。暮らしの知恵。こころとからだの健康。

おくりもの

長年、楽しみに読ませてもらっているブログがあります。北米に暮らしておられる60代の女性が書いているブログ。

そのブログに可愛いワンちゃんが登場します。子羊のようにふわふわのトイプードル。なんと、20歳です。

このワンちゃんとご家族の暮らしを綴ったブログには、愛が満ちているといつも思います。ワンちゃんがベッドにそそうをしたのは、年にたった数回、私がサインを見逃した時だけ、と書かれています。それほどきめ細やかにワンちゃんのサインに気付かれるのは、愛のなせるわざ。愛なくしてはできないことと思います。

自然の中で生きているさまざまな生き物は、自然の恵みをたくさん享受しながら生かされています。自然から離れて生きている人間や、その人間のそばで生きている犬、猫、人間が世話をしている動物、植物は、自然の恵みを得にくくなっていると感じます。それでは、何に生かされているかというと、私は愛だと思うのです。

***

自然の恵みと、農家の方々の愛情を受けて育てられた野菜、お米、お肉を使い、食べる人の体調、健康、好みを思いやって献立を考え、愛を込めて料理してできあがったごはんは、本当においしく、からだにも良い。滋味とは、まさにこういうごはんのことを言うのだと思います。

お母さんやおばあちゃんの作るごはんがおいしいのは、家族への愛がたくさん込められているから。

料理を作ってくれる身内がおらず、愛のこもったごはんは食べられない、そう思う人は、自分で自分のために愛のこもったごはんを作りましょう。

自分のからだと健康のためにどんな栄養素が必要か、あるいは何が不必要か、どんな味付けが好みか、どんな調理をすれば食べやすいか、いちばんよくわかっているのは自分ですからね。

***

お父さんが、毎日、朝早くから乗りたくもない満員電車に乗って会社に通い、いろんなしがらみの中で、理不尽な何かに耐えながら、夜遅くまでつらい仕事をがんばるのも、愛があるからこそ。お父さんの給与明細は、家族への愛の証し。

お母さんが、毎日、朝から洗濯、掃除、買い物をして、朝、昼、晩と台所に立ち、家族のためにごはんやお弁当をこしらえるのも、愛があるからこそ。畳まれた良いにおいのする洗濯物や、炊きたてのごはんとあたたかいお味噌汁は、家族への愛の証し。

お父さんとお母さんは、毎日、毎日、こうして家族に、子供たちに、愛のこもったおくりものをしています。

私自身も、毎日、家族に愛をこめたおくりものをして、そして、家族からも愛をこめたおくりものをもらえていることに、心から感謝します。私が生かされているのは、この愛のおかげです。